水平と垂直を意識する

2021/8/5
Category:  中・上級者の方に初心者の方に
writer: 北海道 > 札幌市, 碓井 健太郎(うすい写真工芸

こんにちは!北海道札幌市東区伏古にある うすい写真工芸 碓井です。

撮影が上達するワンポイントについて書かせていただきます。

”水平と垂直を意識する”

写真撮影をした時に、良い写真だけど何かが違う・・・と思ったことはありませんか?

特に建物や風景など被写体が人物じゃない時にそう感じる場合があると思います。

写真①

秋の風景写真だけど何か違和感を感じませんか?

ではこれならどうでしょう。

写真②

何かスッキリ風景を見ることができますよね。

これがタイトルの通り、水平と垂直を意識するということです。

ほとんどの人はカメラを持ったときに意識をしないと左や右に傾くでしょう。

これはおかしなことではなくその人の癖だと思います。

人それぞれ見え方や癖が違うので、そのまま写真に残すと見る人によっては感じ方が違います。

なので、撮影をする際にはより良い写真を残すために意識して水平や垂直を保つようにしましょう。

あえて斜め撮りをしておしゃれに撮影する方法もありますが、それはあくまで基本ができているからこそ映えるものです。

もちろんあとで画像編集で直すこともできますが、撮影の段階でベストを尽くすことが作業時間短縮や写真のレベルアップにつながります。

この記事を書いた人

PGC

碓井 健太郎

北海道 > 札幌市, うすい写真工芸 

店舗ページへ

ワンポイントレッスン