日本対がん協会様から感謝状を頂きました。【絆展チャリティ報告】

2017/12/30

 

【御礼と御報告】

私たちPGCは、2017年7月から9月にかけて、

全国9ヶ所で「家族の絆」をテーマにした写真展、 「“PHOTO IS“家族の絆展」を開催しました。

ご来場いただいた皆様には、厚く御礼申し上げます。

また今回は、全国の写真展会場にてチャリティー撮影会を実施させていただきました。(沖縄エリアのみ無料撮影会)

初めて行われた全国規模でのチャリティー撮影会だったため、

御来場いただいたお客様へはご迷惑をお掛けしたこともあったと存じますが、 皆様の溢れる笑顔、そして家族に向ける愛情の素晴らしさに触れ、 無事にチャリティー撮影会を終えることができました。

 

ここで寄付金の報告をさせていただきます。

 

『 チャリティー金額 767,255円  撮影件数 1,245件 』

 

このうち、741,255円を日本対がん協会様へ、 26,000円を日本赤十字様をとご寄付させていただきました。

 

一番最初に撮影会が行われた福岡会場のみ、日本赤十字社に寄付させていただきました。

福岡会場の開催後、小林真央さんの訃報を聞き、 急遽寄付先を日本対がん協会様へと変えさせていただきました。 この変更理由は、、小林真央さん市川海老蔵さん家族のがんへの向き合い方、 そして、困難にも決して挫けることのない家族の愛情に、 深い深い感銘を受けたためです。

 

2017年12月11日にPGC議長小泉賀敬、魅力発信プロジェクトリーダー長谷川久代、同プロジェクトメンバー吉川真吾で、 日本対がん協会様へと目録をお届けさせていただきました。

また、日本対がん協会様から「感謝状」をいただき、 先方の理事様からも、御礼のお言葉をたくさんいただきました。

 

「家族の絆」、そして、「写真館の認知、価値向上」などさまざまなテーマをもった「“PHOTO IS“家族の絆展」ですが、 全国一丸となりチャリティー撮影会という社会貢献ができたことは、 「“PHOTO IS“家族の絆展」に関わってくれたすべての家族様のお力のおかげです。

 

心より、厚く、熱く、御礼申し上げます。

 

来年も「“PHOTO IS“家族の絆展」開催されますが、 また皆様家族にお会いできることを心より楽しみにしております。 その際に、皆様のお力を貸していただければ幸いです。

 

魅力発信プロジェクト 吉川 真吾