【関東PGC】家族の絆展撮影いよいよ22日(金)開始!

2019年も六本木ミッドタウンにて開催決定しました!
まずは昨年のイベントの様子だったりチャリティについて
アップさせて頂きます

さて、”photo is”「家族の絆」展はチャリティ家族写真です

家族の写真を撮影させてもらい

気に入ってもらったらチャリティ募金をしていただきます

ちなみに昨年PGC全体では

『チャリティー金額 767,255円、撮影件数 1,245件』

このうち、741,255円を日本対がん協会様へ、

26,000円を日本赤十字様へとご寄付させていただきました。

私たち関東PGCの内訳は

撮影425件
291,984円でした

詳細はPGCのフォトスタナビブログをご覧ください

今回は交通遺児等育成基金に寄付をさせていただきます

この6日間で撮影させて頂いた家族写真は

450組

300,228円

となりました!

私たちは写真を生業として生活をさせて頂いています

その中で個人では難しいことでも

みんなで集まって行えば大きな動きとなる

少しづつでも…

でも毎年確実に行なっている事業

チャリティ撮影はみんないつも手弁当で行なっています

少しでも家族絆や写真のもっている素晴らしさを

発信できたらいいな

少しでも私たちの行動が社会に貢献できたら

良いなと思い活動を続けています

そういえば!海外から来てくだっさった方で

自国でも我々と同じような事をしたい!

という方が来てくれました!!

撮影からプリント〜お渡しまでのワークフローを共有し

最後に写真をパチリ

こういった活動が沢山広がって行くって

本当に嬉しいですね!

皆様へのご挨拶

社会に対して我々写真館はなにが出来るだろうか?どう貢献できるのだろうか? 写真館だからこそできる事は何か?

それはより多くの家族写真を社会に残しそれぞれの家族の幸せを通じて世界を平和にすることではないか?

私たち写真館では日々、多くの記念写真や家族写真を撮影しています。そんな毎日の撮影業務の中「家族の愛」「人と人との愛」を感じる瞬間がたくさんあるのです。

そんな日々を過ごす中「家族の写真は幸せのバロメーター」「写真は家族の宝物」ではないか?そう思う気持ちが深まっていくのです。だからこそ私たちは写真館経営者の団体としてもこのようなイベントを通じ、一組でも多くの皆さんに「家族の写真」を体験していただくきっかけを作りたい。

先の大震災では私たちの仲間も含め多くの方々が被災されました、連日連夜流れるニュースの中でもご家族の写真を探す光景がとても印象的に感じ「家族の写真はそれぞれのご家族の宝物」なのだ、私たちは「家族の宝物を作る」とても重要な仕事をしているのだと再認識しました。

そんな想いから始まった「photo is ~家族の絆展~」も約17年前にはじまり現在に至ります。 そして、私たちPGCは「家族がいっしょにいる幸せ」をテーマに、今年も「PHOTO IS 家族の絆展」を開催いたします。

私たちパイオニアグリーンサークル(略称:PGC)は、次世代を担う若手写真館経営者および次期経営者による任意団体です。北海道、東北、関東、東海、関西、中国、九州、沖縄の全国8エリアから構成され未来の写真館業界に必要とされる技術や知識、人脈作りや情報交換など目的とし、お互いに「GIVE&TAKE」の精神で、研鑚し合いながら活動をしています。

悲しいニュースが連日連夜報道される。。。こんな時代だからこそ、1枚の写真から溢れてくる家族の愛が、見ている私たちの心を癒やしてくれる。

「家族の想いやエピソードを綴った文章」「私たちフォトグラファーが感じたままを形にしたあなたの家族写真」それを組み合わせた形を【LOVE PHOTO】と名付けました。

写真と言葉で綴った家族の幸せ。それは私たち写真館とあなたが共同で発信する「社会へのラブレター」です。【LOVE PHOTO】でたくさんの人に感動を与え、ほんの少し社会を、みんなを幸せにできればと思っております。

第19代全国PGC議長 岸本茂樹