PGC - 各大会報告Report

2018 カンファレンスin関西 統括報告

2019.1.8

2018年夏、8月28日から30日の3日間大阪で開催された全国PGCカンファレンスin関西におきましてはお忙しいところ多数お越しくださいまして本当にありがとうございました!

 

カンファレンスは8月28日の昼から行われた人間力プロジェクト主催「ARUKU」からスタート!蒸し暑い大阪の地を歩いて廻るというとんでもないプロジェクトに23名の強者達が参加し、参加者全員でお揃いのTシャツ着用で敢行されました!熱中症が心配されましたが、参加者全員ゴール達成という快挙!ゴールの前夜祭会場には皆、心地よい疲労感と歩ききった達成感で満ち溢れていました!

 

そのまま前夜祭は大阪駅から徒歩5分、大阪駅の夜景がたっぷり見渡せる絶交の場所「XEX WEST」にて開催されました!前夜祭ですので緩やかにスタートするかと思いきや乾杯と同時に会場は再会した喜びで一杯になり、声を張り上げないと隣の人の話す声が聞こえない程の熱気でした!急遽結成されたダンスユニット「DO POMP」では会場の熱気も最高潮に!まさに大阪の夜は非常に暑苦しい幕開けになりました!

 

 

 

8月29日は舞台を水の都大阪に相応しい中之島の大阪国際会議場へ移し、全国PGC会員拡大アワードプロジェクトによる写真スタジオアワード決勝大会からスタート!

 

兵庫県ちどり写真館の登里氏の発表を皮切りに、青森県モトヤマスタジオの元山氏、福岡県にしだ写真館の西田氏、兵庫県フォトスタジオカドゥーの石上氏、北海道スタジオフォトスの濱田氏の五名による緊張感溢れる内容でした!優勝されたスタジオフォトスの濱田親子のお2人におかれましては心から祝福を申し上げます!また他の4名の皆様、投票は本当に僅差だったようです!皆様素晴らしい発表を本当にありがとうございました!

 

基調講演には、若年性パーキンソン病という難病と闘いながらも飲食業会では信じられない百店舗百業態という前人未到の大偉業を達成された外食業会のファンタジスタ、松村厚久氏(株式会社DDホールディングス代表取締役社長)をお招きしました!難病の影響で当日無事にお越し頂けるかどうかもギリギリまで分からないという不安で一杯だった中、オープニングと共に登場されたときは本当に感動しました!

「義理、人情、恩返し」「クリエイティブは目から」「仕事の中に遊びがあり、遊びの中に仕事がある」などの松村語録を残し、先に発表されました書籍「熱狂宣言」の内容そのままの熱狂感溢れる講演内容で松村氏の「人柄」と「熱狂」に圧倒されっぱなしのあっという間の2時間でした!

懇親会は大阪の繁華街難波に移動、PGCの懇親会にピッタリの会場「味薗」です。前日のXEX WESTとのギャップ(笑)途中から基調講演でお疲れのところ松村氏も「15の夜」のパロディ「51の夜」で登場、懇親会場は一瞬でライブハウス状態になってしまいました!その後もエリア対抗ゲームでエリアの垣根を越えて盛り上がり、大阪の夜は暑く熱く続いていきました!

 

 

 

2日目は下宮伸一写真事務所の下宮氏、経営力プロジェクトからPGCの写真館経営のスペシャリスト、スタジオエミュの河田氏、スタジオコイズミの小泉氏、日の出写真館の伊藤氏の3名による経営トークセッションという選択が非常に難しい分科会からスタート!

 

分科会2枠目はノンフィクション作家の小松成美氏と写真づくりプロジェクトから写真館TORUTOCOの長能氏をお迎えして2日目はみっちり勉強の充実の講義内容でした!

 

 

 

 

また、カンファレンスTシャツも皆様のご協力のおかげで250着全て完売!

1着につきワンコイン500円を平成30年7月豪雨災害義援金として合計126,312円を寄付させて頂きました!

 

 

今回のカンファレンスからペーパーレス化に伴い、大会案内と申し込みが全てWEBからの発信になり、私含め、運営メンバー一同不安を抱えながら、また試行錯誤を繰り返しながらカンファレンスを迎えましたが、最終的には遊びと学びのバランスの取れた非常に素晴らしいカンファレンスだったのではないかと思います!

遊びのメリハリをつける、これはカンファレンス実行委員長であった平田陽介氏が言われていたことでもありました。

まさに平成最後に相応しい内容だったと自負しております!

各エリア代表の皆様、各プロジェクトリーダーの皆様、全国PGC代表者会議の皆様、魅力溢れるブース出展して頂きましたB会員の皆様、最後になりますが、ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました!

今は亡き平田陽介実行委員長も天国できっと喜んでいるに違いありません!

関西PGC代表 丹羽真平